忍者ブログ

楽しい妊婦生活~マタニティグッズ&育児グッズの選び方~

出産までの楽しい妊婦生活!2人の息子を出産した経験もふまえ、マタニティグッズや育児用品のこと、妊娠中のあれこれ、出産エピソードもご紹介しています。母乳育児成功の秘訣やママのお小遣い稼ぎなども是非参考にしてみて下さい。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マタニティパジャマの選び方

 

あなたは普段、そもそもパジャマ派ですか?
私は、普段からパジャマって好きじゃなくて、スウェットとか、いわゆるルームウェアで寝ています。
 
妊娠してお腹が大きくなってきてから、また出産後入院中はマタニティパジャマじゃなきゃいけないような気に なるのですが、私はやっぱりパジャマが苦手。。。
マタニティパジャマも持ってはいたのですが、妊娠中は結局ルームウェアで寝起きしていました

パジャマ派じゃないなら、無理にマタニティパジャマを着ることはないと思います。
Tシャツにマタニティ用のルームパンツでいいんじゃないかなぁ


でも、どっちにしても出産後の入院中はマタニティパジャマが必要なんじゃない?って思いますよね。
ところが、必ずしもそうとは限りません

私は2回出産しましたが、1度目は総合病院付きの産婦人科病棟
2度目は個人医院で、両方とも自然分娩でした

1度目の病院は、出産時に自分のパジャマだったので、ロング丈のマタニティパジャマが1着必要でした。
なぜかというと、陣痛のときに子宮口のチェックをしに来たりするので、いちいちズボンを脱いでいられない。 。。
そして、子宮口が全開になったら分娩室に移動しなければならなかったので、廊下を移動する際にまたズボンを はくなんて、あの痛みの中では考えられない
というわけで、そのときはロング丈のマタニティパジャマが重宝しました

しかし、出産後の入院中は、最終日の検診以外に内診はなかったので、ロング丈である必要はありませんでした 。

また、授乳口も不要です(というかむしろない方がいい・・・)。
最初はなかなか母乳が出ないので、頻回授乳になっちゃうし、正しい母乳の飲ませ方をしないと、なかなかスムーズに母乳育児が進まないのです。
チマチマ授乳口からおっぱいを出してる場合ではないのでーす
それに、授乳口のホックがいつのまにか外れていて中が丸見えになってたりと、いいこと何にもありませんでし た

2度目の病院は、出産時の手術着(病院着?)を用意してくれていて、そもそも分娩室への移動もなかったので、 ロング丈のパジャマは全く必要ありませんでした。

入院中も1度目の病院同様に回診はなかったのでロング丈は不要で、むしろ丈が長いことがわずらわしかったです

病院によって違うので、出産時や入院中の詳細を出産する病院へ確認してみましょう

ただ、帝王切開での出産が決まっている場合や、その可能性のある方は、入院中も処置があるので、ロング丈の パジャマがあった方がいいみたいですよ。

急きょ帝王切開になる場合もあるでしょうから、念のため1着は用意しておけば安心なのかも
このエントリーをはてなブックマークに追加   



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ブログ内検索

サイトマップ

バーコード

P R

ママも賢くお小遣い稼ぎ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

アンケートモニター登録

楽天カードで賢くお買物

年会費永年無料の楽天カード
★新規入会するだけで2000ポイントGET!
★楽天市場でのお買い物はいつでもポイント2倍!
★毎週土曜日はポイント3倍!
★月2回ポイント最大10倍キャンペーンあり!
★街のポイント加盟店でもポイント最大3倍!
  ⇒⇒⇒楽天カード新規入会
【期間限定キャンペーン】
エントリ&新規入会&1回利用で、なんと8000ポイントGETのチャンス!
   

コミュニティ







あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

HN:
happybox
HP:
性別:
女性
職業:
ワーキングマザー
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
男の子2人のお母さんです。
育休が明けてからというもの、なんて忙しいんでしょう(><)
毎日時間に追われつつも、2人の息子の子育てを楽しんでます♪
Copyright ©  -- 楽しい妊婦生活~マタニティグッズ&育児グッズの選び方~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]